FC2ブログ
衛生資材.com店長ブログTOP  ≫ 月別アーカイブ

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --年--月--日 | スポンサー広告 | 編集 |

ビニール(プラスチック)手袋とは

みなさん、こんにちは。
衛生資材.com店長の大宮です。

前回の記事で「手袋の選び方がわかりました!」というご意見をいただきました。
このブログに足をはこんでいただき、ありがとうございます☆

さて、今回は

ビニール(プラスチック)手袋とは

ということで、ビニール手袋の特徴をとりあげていきたいと思います。

ビニール手袋…この手袋は非常に多くの呼び名で呼ばれています。

ビニール手袋」・「プラスチック手袋」・「PVCグローブ」・「塩化ビニール製手袋
・「塩ビ手袋」・「透明でフィット感のある手袋」・「ポリグローブじゃないけど透明の手袋」…等々、
いろいろな呼び名でお問い合わせをいただきますが、
基本的には全てこのビニール手袋です。

特長としては、材質が塩化ビニールということもあり、低価格でありながら、
ある程度のフィット感があるため、「ポリグローブよりもフィット感がほしい」という場面で
多くご検討をいただきます。

ただ、1点ご注意をいただきたいのが、このビニール手袋
基本的に食品衛生法に適合しておりません
※一部対応商品を除く

なぜかというと、ビニールの素材を柔らかくするために、
可塑剤というものを使用しておりますが、
この可塑剤が油分と反応すると溶出してしまいます。
そのため、食品衛生法の試験に合格できないのです。
同じ理由で油を多く使用する場面では可塑剤が抜けて固くなってしまうため、
工業利用でも油の多い場面では注意が必要です。


そのため、主に清掃時や園芸など、食品を扱わない用途が主です。

弊社のお客様を見てみますと下記のような場面でご使用いただいております。

業種 : 主な用途

介護施設関連 : 利用者様のおむつ交換時や清掃時、感染症流行時の来客様用など
個人のお客様 : 清掃時や園芸、ゴミ捨て時など
保育園、幼稚園、
小学校等の教育機関:清掃時、感染症流行時の職員の方の対応用など
食品加工関連 : 出荷前の検品作業など
飲食店様 : 店内の清掃時など
ガソリンスタンド様 : 給油時の手の汚れ防止など
クリーニング関連 : 清掃時など
不動産関連 : お客様へのご案内時など




等など、私の方で簡単に思いつくところを挙げましたが、
主に清掃、接客時を中心に幅広くご採用をいただいております。

上記以外にも、
こんな場面で使えるかな?といったご質問などございましたら、
お気軽にお問い合わせください

価格がポリグローブの次に安価な手袋になりますので、
・食品を扱わない
・油があまり多くない
そんな場面でのご使用時は、ぜひプラスチックグローブをご検討ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


スポンサーサイト

手袋の選び方【商品選択編】

みなさん、こんにちは。
衛生資材.com店長の大宮です。

昨日の記事とセットでご覧になっていただきたい内容が「商品の選び方」です。
先述の内容で「よし!材質はコレにしてみよう!」と決めたところで、
じゃあ数ある商品の中で何を買ったらいいのか…と悩んでしまいます。

むしろ、材質よりもこちらの方がお問い合わせが多いのも事実です。

今回も簡単に商品の選び方についてご説明いたします!
※今回もあくまで一般論の解説となります。
 下記以外の要因、特長、例外事項も多数ございますので、
 参考程度にご覧ください。



材質決定後、次に決める必要があるのが

「粉付き」にするか「粉無し」にするか、です。(ポリグローブを除く)
これはその名の通り、パウダー成分(コーンスターチ)が手袋に付着しているか否かです。

その特徴はこちら!

粉付き(パウダーイン)タイプ
メリット :多少手が濡れていても手袋を装着しやすい
デメリット:手袋をつけた後で物を触ると粉がついてしまう

粉無し(パウダーフリー)タイプ
メリット :手袋をつけた後で物を触っても粉がつかない
デメリット:手が多少濡れていると手袋が装着しにくい

これらの特徴を踏まえ、お好みのタイプをお選びください。



そのあとはいよいよ商品の選択です。
たくさんの商品があり、値段もピンからキリまで。
さて、いったい価格差によって何が違うのか…

それは 生地の厚さ です。

例外は多々ありますが、基本的には


値段が高い = 生地が厚い(破れにくい)

値段が安い = 生地が薄い(破れやすい)


このような式が成り立ちます。

では値段が高く、生地が厚いものを選択すれば失敗はないのかと言いますと、
そうではありません…

生地が薄いほど作業性に優れて、疲れにくく、生地が厚いほど作業がし辛く、
疲れやすくなってしまいます。


上記を踏まえて、

「おそらくこれが最適だと思うけど…ちょっと自信がないなぁ…」

悩んだときは是非無料サンプルをご依頼ください!


やはり実物をご覧になっていただくのが一番です!
もちろんこの段階でお問い合わせをいただいても結構です。


手袋選びを当サイトでは全面的にサポートいたします!

各種医療機関、介護施設、大手食品加工工場、食肉・水産加工工場、
精密機械工場、工業関連施設、クリーニング業、各種飲食店から主婦の皆様まで、
ありとあらゆるジャンルへの納入実績をもとに最適な商品をご紹介いたします。

お客様からのお問い合わせ、ご注文を心よりお待ち申し上げます。
衛生資材.com

次回以降、手袋の種類を一つづつご紹介していきたいと思います!

8月10日~18日まで夏季休暇となりますので、その期間のお問い合わせは
19日以降の返信となりますので、予めご了承ください!

手袋の選び方【材質選択編】

みなさん、こんにちは。
衛生資材.com店長の大宮です。

日々、たくさんのお問い合わせをいただいております内容から
特に多いご質問をピックアップし、ご紹介をさせていただきたいと思います。

衛生資材.comのサイトをご覧になっていただければお分かりいただけるかと思いますが、
使い捨て手袋の種類が非常に多いのです。
…そう、店長でも探すのに一苦労するほどに種類が多いのです。
その中で「自分の希望に一番近いグローブはどれだろう?」とお悩みのお客様が多く
いらっしゃいます。もちろん、お問い合わせフォーム
「○○に使用したいのだけれどおススメは?」
と、ご質問をいただければ私の方でおススメをご紹介させていただきますが、
自分でも探してみたい!というお客様のために、
今日はザックリと使い捨て手袋の特長をご説明いたします。

まず、使い捨て手袋は大きく分けて、ポリ(ポリエチレン製)グローブ、
ビニール(プラスチック)手袋、ラテックス(天然ゴム)手袋、ニトリル(合成ゴム)手袋の
4種類がございます。
それぞれの特徴を簡単にまとめてみました。

※あくまで一般的な仕様のものであり、すべてのグローブに共通するものではありません

ポリグローブ
お値段:◎ 耐油性:○ 突き刺し強度:△ アレルギー:◎ フィット感:×
食品加工(調理)用途:○
フィット感を求めず、安価に大量に使用したい場合にはコレ!食品加工もOKです。

ビニール(プラスチック)
お値段:○ 耐油性:△ 突き刺し強度:△ アレルギー:○ フィット感:○
食品加工(調理)用途:×
フィット感のある最安の手袋はこちら!ただし、ほとんどの手袋が食品衛生法非適合なので調理用途では要注意!

ラテックス(天然ゴム)手袋
お値段:△ 耐油性:× 突き刺し強度:○ アレルギー:× フィット感:◎
食品加工(調理)用途:○
作業性抜群!手術用手袋もほとんどがこの材質です。手先を使う調理用途でもOKです!

ニトリル(合成ゴム)
お値段:△ 耐油性:◎ 突き刺し強度:◎ アレルギー:○ フィット感:○
食品加工(調理)用途:○
食品加工工場のほとんどで採用されている手袋がこちら!強度もあるので工業系にも大好評!


と、ざっとこんなところでしょうか。

それぞれに得意、不得意な場面がありますので詳しく知りたい方はお問い合わせフォーム
お問い合わせください。

次回以降、もう少し手袋の選び方を掘り下げていきたいと思います。

8月10日~18日まで夏季休暇となりますので、その期間のお問い合わせは
19日以降の返信となりますので、予めご了承ください!
Copyright (C) 衛生資材.com店長ブログ. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。